人形・結納の勢玉
HOME お店紹介 お取扱商品 	端午の節句について ご来店特典・カタログ請求 店舗のご案内 人形・結納の勢玉併設店 ジュエリーユマエ
端午の節句について
端午の節句の由来と理由
鯉のぼりの由来
お飾りの期間
お祝いの仕方
五月人形の仕舞い方
次男、三男が生まれた時
shop
端午の節句の由来と理由
古代中国では五月初めの丑の日に邪気を払うために蓬(よもぎ)で作った人形や虎を軒に挿し、粽(ちまき)や柏餅を食べたり、菖蒲を浸した酒を飲むなどの行事が行われていました。鎌倉、室町時代の武家屋敷ではすでに、梅雨の前に手入れを行う為に、五月の節句には外に旗幟(きし)や吹流しを飾り、座敷には鎧や兜、武具を飾りました。「菖蒲」と「尚武」の音が同じであることから、江戸時代に立身出世を願う意味を持つようになり、男子の節句となり、武士階級の間で広まりました。もともと端午の節句は、悪鬼や災厄を祓うのが目的で、現在では、鎧兜は古くから命を守る象徴として考えられていたため、男の子を事故や災害から守るものとしてとらえるようになりました。五月人形を飾る事で降り掛かる厄を払い、子供の健康と幸せを願う端午の節句は、家族の絆を深める大切な行事です。
Copyright(c)NingyonoSeigyoku-AllRightReserved.